明○ミルクとこーひー。

きっと楽しくない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

暑中


お見舞い申し上げます。






この前の続き、扁桃腺摘出手術のお話でも聞いてください。


私は小さい頃から喉が弱く、風邪をひくとまず喉にきましてね。

39~40度の熱が2~3日続いて全く動けなくなります。

まぁそれが半年に1~2回の割合で起こります。

それがある年に1ヶ月に1回のペースで起こりだしたんですよ。

1ヶ月に1回、2~3日熱が39度も出る事を想像してください。

















嫌ですよね。















そこで、もうこれは扁桃腺を摘出するしか無いだろうと。

たまたま熱が出ていない時を見計らって手術する事になりまして。



手術も2回目、今度は全身麻酔と聞いていたので苦痛は無いだろうと。

ん?全身麻酔?

おお!!!!!

アレを試す時が!!!

そう・・・

それは・・・
















どれだけ眠気と戦えるか!

ええ、あほです。

どあほうです。

でも、機会があれば試そうと思っていたんです。


わくわくしながら迎えた手術当日

手術台に乗せられた私はドキドキしながらマスクが装着されるのを

待ってました。

そしてその時が。

麻酔科の先生が「少し匂いがあるけど気にしないで。」

「はーい、じゃマスク付けますよー。ゆっくり深呼吸ねー。」

ゆっくりと深呼吸してると確かになにか匂う。

なんか匂うなと思った刹那

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおお


眠い!

眠いというか意識飛びそう!

うは!やべ!!

耐えろ!耐えるんだ!!お前は漢だ!!!

と思ったのも束の間、目の前がぐにゅーーーんって歪んで、

そのまま

















ちーん













意識飛びました。

次に意識を取り戻したのは手術台から移動する台に移された時。

たぶん私の記憶では麻酔ガスとの戦いはわずか数秒だと思います。



まぁまた機会があれば挑戦したいと思います。

皆さんもどうですか?
スポンサーサイト
  1. 2006/08/20(日) 18:15:51|
  2. その他、雑記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<閉鎖 | ホーム | 手術>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jiro99.blog70.fc2.com/tb.php/18-204e334f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

じろー。

Author:じろー。
じろー。
本名でも
今まで呼ばれていた
あだ名でも無い。
おっぱい大好き。


誰か右側でいいのでおっぱいください。
♂ 20代

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。