明○ミルクとこーひー。

きっと楽しくない。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

家に帰ると横になっている父と疲れた顔をしている母がいる。

そんな家に私はあまり帰りたくなかったので

毎日放課後居残って6時ごろまで帰らなかった。



     9章  「壁」


仕事に復帰して2ヶ月ぐらいして父はまた体の不調を訴えて

家で静養する事になった。

寒さが堪えたのだろう、完全に治ってないのに無理をするから、

と色んな所からそう言われて父も、もう少しきっちり体を治す事に

専念することにした。

父の飲む薬はその頃から急に増え1回10種類ぐらい飲むように

なった。

親戚、知人からあの薬は体に良いよ。とか聞いて集めてきたのだ。

誰でもそれぐらいの量を一度に飲むのは億劫である。

父も例外ではなかった。

「もうかなんわ・・・こんな薬の量・・・。」

「でも、皆ええ言わはるし・・・。」

父も母も最近イライラしている。

父は一向に良くならない体調に、母は何かに。

そんな様子の父と母が私は嫌になり、一人部屋に閉じこもり

ふさぎこんでいた。




父の体調は薬の効果も無く日に日に悪くなっていった。

それでも父も母も早く良くなろう、なって欲しいと

必死にもがいていた。

私はそんな二人がなぜか怖かった。





スポンサーサイト
  1. 2007/03/10(土) 22:17:28|
  2. 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<< | ホーム | >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jiro99.blog70.fc2.com/tb.php/50-a1edefc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

じろー。

Author:じろー。
じろー。
本名でも
今まで呼ばれていた
あだ名でも無い。
おっぱい大好き。


誰か右側でいいのでおっぱいください。
♂ 20代

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。